*

笹井芳樹さんの死

理研CDB副センター長の笹井芳樹さんが自殺されたそうです。 万能幹細胞ES細胞の研究などで世界をリードしていた方で、一時期はノーベル賞候補とも噂されていました。 同じ日本人の京都大学山中伸弥教授による、卵子を使用せず倫理的にクリーンなiPS細胞の発明以降は飛ぶ鳥を落とす勢いとはいかなくなったのは事実ですが、日本を代表する科学者の一人であることに変わりありません。 つくづくSTAP細胞の致命的失敗が悔やまれます。功を焦ってしまったのでしょうか。 さて、彼の偉大さの一つに、ES細胞の研究の功績を元にした進化論の流れの再定義があります。 良くも悪くも極端に専門的に分化してしまっていて専門以外のことについて無知な研究者を育成しやすい環境になってしまっている日本の理系教育現場の現状では、このような哲学的な成果は全くと言っていいほどあげられていないのだとか。 そんな中にあって笹井芳樹教授はその異彩を際立たせていました。まさに本物の天才と言っていいでしょう。 惜しい人材をなくしたものです。脱毛サロン人気一番館